カードローンの失敗しない選び方

カードローンは大きく分けると銀行系・消費者金融系・信販系に分けられます。
このうち消費者金融と信販系のカードローンは貸金業法による営業となり、総量規制という法律が適用されます。
総量規制は借入れ額の総額を年収の1/3までに規制するもので、消費者が過度の借り入れや多重債務といった状況に陥るのを抑制する目的で導入されました。
つまりこれらの貸金業者を利用しようとすれば、年収が低い人やすでに多くの借り入れがある人は審査に通る可能性は低くなるのです。
また自身が仕事を持たず収入が一切ない専業主婦は当然利用することができませんので注意が必要です。
消費者金融や信販系のカードローンは銀行系とくらべて金利がやや高めに設定されていますが、審査通過率高めともいわれます。
また無利息期間を設けたりレディースキャッシングや学生専用キャッシングなど、利用者目線に立った多様なサービスがあることから、幅広い年齢層の人気を獲得しています。
いっぽう銀行カードローンの最大の特徴は低金利であることと、総量規制対象外であることです。
消費者金融などを利用するには本人に安定した収入があることが大前提となっていますが、銀行では無職の専業主婦でも配偶者に安定収入があれば申込み可能な商品が用意されています。
また年収による借入額の制限がないため、借り換え目的のおまとめローン商品も人気を集めています。
こうしてみてみると、借入希望額や自身の収入の有無が業者選びのポイントの一つとなることが分かります。
金利の差に関しては、少額融資や短期借り入れでは大きな影響は出にくいですが、多額の借入れや借入期間が長期化しそうな場合は利息と返済総額に大きく差が出てきます。
このほか審査スピードやATM手数料といったポイントから選ぶケースも見られます。 インターネット上には多くのカードローンの特徴を一目で比較できたりランキング形式で紹介している情報サイトもあるので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ